RHYMES SPORTS CONSULTING

TO PROTECT.
TO BREAK THROUGH.
TO LEAVE.

RHYMES SPORTS CONSULTING

BUSINESS

SPORTS BUSINESS CONSULTING

スポーツビジネスコンサルティング事業

スポーツビジネスの事業推進に不足しているピースを我々が埋めます

日本におけるスポーツ産業は新たなステージに突入しようとしています。
ロボットやAIなどの台頭により、人々の可処分時間は、より多くの時間を余暇に割くことが予想されます。
そのためスポーツもエンターテイメントとして発展する必要性が日に日に増してきています。
デジタルを活用した新たなマネタイズ化など、スポーツ産業には多角的な視点を持って取り組むべきポテンシャルがあります。
ライムズスポーツコンサルティングでは、スポーツビジネスの事業推進をあらゆる角度からサポートします。

経営支援

スポーツビジネスに関わるリーグ、クラブ、団体等の経営をアドバイザリーからハンズオンまでクライアントニーズにマッチする形で幅広くサポートさせて頂きます。スポーツ人材採用についてのサポートもお任せください。

事業開発支援

e-SPORTS参入にあたっての立ち上げからビジネス化、またはブロックチェーン技術を活用した次世代的な取り組みまで、テクノロジー知見並びに人脈を有したメンバーにて「IT x スポーツ」事業化をワンストップで支援します。

デジタル
マーケティング支援

スポーツ事業におけるデジタルマーケティングのインハウス化支援、その他各種制作ディレクションやプロモーション設計まで幅広くサポートします。アプリ開発やサイト制作なども要件整理から開発まで対応可能です。

マネタイズ支援

チケット販売、放映権、スポンサー獲得、グッズ販売など、スポーツビジネスにおける4大収益構造とは別の切り口でマネタイズポイントを模索したい、R&Dとしてスポーツを活用したいというクライアントのビジネスをサポートします。

まずは相談をしてみる

ATHLETE DEVELOPMENT & MANAGEMENT

選手育成&マネジメント事業

アスリートを競技者としてもビジネスマンとしても支援また育成し、セカンドキャリアやデュアルキャリアもサポートします

日本で唯一のバスケットボール選手に特化した独自プログラム

ライムズスポーツコンサルティングは、日本で唯一のバスケットボール選手に特化した育成&マネジメントプログラムを強みとした集団です。
アスリートとして競技レベルを向上するためのサポートを提供できると同時に、ビジネスマンとしても共に成長できるパートナーシップも合わせて提供します。
もちろん、指導者並びにバスケットボール選手以外のアスリートについてもサポートさせて頂きます。

向き合うコンセプトは『守破離』

shoe hurry!
TO PROTECT

SHOE(守)

– Protect and follow what is being taught.

守破離において「守」とは、師や流派、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階を言います。

競技者としてもビジネスマンとしても、まずは物事の”いろは”を学ぶことが重要だと考えます。

TO BREAK THROUGH

HUR(破)

– Break through the teachings.

守破離において「破」とは、様々な師や流派の教えについても考え、自らにマッチするものは取り入れ、発展させていく段階を言います。
1人の指導者のみの考えを鵜呑みにするのではなく、幅広く見聞きする視点を持って、総合的に判断するという「意思決定」能力を高めることは競技者としてもビジネスマンとしても重要なことだと考えます。

TO LEAVE

RY(離)

– Graduate and create your own.

守破離において「離」とは、独自に新たなものを作り出せることができるだけの段階に到達したことを言います。
この領域までに到達した上で見える世界があります。
そんな世界を共に目指すために日々精進する、ということもビジネスパートナーとしては重要なことだと考えます。

SPORTS COMMUNITY

スポーツコミュニティ事業

高エンゲージメントなスポーツコミュニティを創出します

スポーツの熱狂を生む源泉は、多様なコミュニティ形成にあります。
スポーツビジネス従事者、アスリート、指導者、カジュアルファン、コアファン、様々なステークホルダーがオンライン/オフライン問わずに集うことができる「場」を提供し、スポーツに関わる情報格差を無くし、プラットフォーム化することをライムズスポーツコンサルティングでは実践していきます。

RHYMES SPORTS COMMUNITY

ABOUT

MISSION

人と人との繋がりを大切にする

人に対して不義理なことをしない。これはビジネスマンである以前に、人として守るべきことであると考えます。
コンサルティングという無形価値を提供する立場だからこそ、まずはその根本を見つめ続けることができる企業であることを大切にしています。

ライムズについて知る

MEMBER

平 将貴

代表取締役社長 | CEO

平 将貴

MASATAKA TAIRA

  • Twitter
  • Facebook
  • note

1982年生まれ、東京都出身。
日本大学経済学部卒業。

将来『日本のバスケを変える』という人生のミッションを掲げ、ビジネス基礎を最速で得るべくITメガベンチャーにてキャリアをスタート。
M&Aにてトランスコスモス株式会社に転籍以降、トップ営業や提案表彰等を複数獲得し幅広く経験を積む。

2011年よりアプリビジネスのプラットフォーム立ち上げのメンバーとしてグリー株式会社へ入社。アライアンス構築やデベロッパーリレーションを経て、プロデューサーとして国内外のアプリ市場それぞれでランキング上位を獲得するタイトルを複数創出した。

2014年より株式会社メタップスに入社。グローバル展開していた広告プラットフォームの事業責任者、統合型分析ツールMetapsAnalyticsのPMから『データ活用 x コンサルティング』のモデルを展開し、2015年8月のIPOに貢献。

国内事業の責任者として、資金調達、IPO、JV設立、子会社経営とベンチャー経営の“いろは”を学ぶ。

これまでのキャリアナレッジを活かし、国内外の様々な企業へのコンサルティング提供。
また、スポーツ選手に対しての育成、ブランディング、キャリア支援、ビジネス面のフォロー等をライムズスポーツコンサルティングとして提供している。

スタートアップ企業、スポーツクラブ企業はじめ、複数企業の経営にも参画。

マーク 貝島

ライムズスポーツコンサルティング | RHYMES SPORTS CONSULTING
ディレクター | DIRECTOR

マーク 貝島

MARK KAIJIMA

  • Twitter
  • Facebook
  • note

1980年生まれ、米国ユタ州育ち。

幼少期より米国や豪州などで育ち、20代よりMLB(メジャーリーグ)エンゼルスの通訳、スポーツ・エージェント業務等を経験。スポーツマネジメントやコンサルティング会社の経営等に携わる。
バスケットボール界におけるインフルエンサーとしても1万人以上のフォロワーを誇り、現在ではプロ選手向けのスキルワークアウトの主催や、選手エージェント業務に従事。
ライムズスポーツコンサルティングにおける、選手育成やマネジメントを担当し、事業推進している。

池田 照和

ライムズスポーツコンサルティング | RHYMES SPORTS CONSULTING
FIBAエージェント | FIBA AGENT

池田 照和

TERU IKEDA

  • Twitter
  • Facebook
  • note

1988年生まれ、カナダ トロント出身。

ライムズスポーツコンサルティング所属のFIBA公式代理人。
オンタリオ州の控訴裁判所にてビジネスキャリアを積む傍ら、カナダのバスケットボール事情や選手についての記事執筆を通じてバスケットボールビジネスに関わるようになる。

2018年より、『On Point』(カナダのバスケ情報サイト)にて記事を連載。
主に北米のバスケットボール選手とのリレーションが強く、ライムズ社ではBリーグにおける外国人籍の選手エージェント、及び国外リーグにおけるエージェント業務を担当。

FIBA Agent|201902408

ライアン・ブハイン

SHOE HURRY! スキルトレーナー | SHOE HURRY! SKILL TRAINER

ライアン・ブハイン

RYAN BUHAIN

  • Twitter
  • Facebook
  • note

2014年より、米国フロリダ州にてバスケットボールのスキルトーレーニングを始める。
グローバルで数多くのプロアスリートを輩出しているIMGアカデミーにて、イマン・シュンパート、モー・ハークレス、ロドニー・フッドら数多くのNBA選手並びにプロ選手のトレーニングを受け持つ。

2015年に2Hands Basketball を設立し独立。
ケンバ・ウォーカー、ヴィクター・オラディポなどNBAのオールスター選手のパーソナルワークアウトを担当する世界的にも有名なNBAスキルトレーナーに。
現在では、オーランドにある自社施設でのスクールやクリニックを始め、日本やフィリピンなどグローバルでの活動も広げる。

ライムズスポーツコンサルティングにおいては、SHOE HURRY!メンバーとして有望な学生や現役Bリーグの選手らを対象としたワークアウトアレンジ等を担当。
米国における活動のサポートを軸として、幅広い面でパートナーシップを締結。

星野 雄大

ライムズスポーツコンサルティング | RHYMES SPORTS CONSULTING
人材コンサルタント | RECRUITEMENT CONSULTANT

星野 雄大

YUDAI HOSHINO

  • Twitter
  • Facebook
  • note

1989年生まれ、東京都出身。

学生時代からバスケットボールに明け暮れ、青山学院大学進学後はアメリカンフットボールの体育会選手として活躍。

卒業後、野村證券株式会社に入社。
医療関係者や企業経営者を中心とした資産運用に携わる。その後、レバレジーズ株式会社にて医療従事者全般を対象とした転職/キャリア支援を行い歴代トップの営業成績を残す。

ライムズスポーツコンサルティングでは、スポーツ選手のセカンドキャリアの支援やデュアルキャリアの支援をミッションとしてアスリートに特化した就職/転職サポートを数多く手がける。

Amport株式会社 代表取締役。

五十部 紀英

顧問弁護士 | LAWYER

五十部 紀英

TOSHIHIDE ISOBE

  • Twitter
  • Facebook
  • note

1982年生まれ、栃木県出身。
上智大学卒業、中央大学法科大学院修了。

弁護士法人アドバンスの代表弁護士として、「すべての人に質の高く分かりやすい法律サービスと満足を」というミッションを掲げ、法律の一歩先を目指したソリューションを提供している。

2014年の法人化後、東京・埼玉・福岡・札幌・名古屋・大阪・仙台・広島と全国8拠点へ事務所を展開。スタートアップのベンチャーから東証一部上場企業まで100社以上のクライアントを抱えている。

学生時代は野球と卓球に打ち込むなど、もともとスポーツへの熱量や造詣が深い。趣味と実益を兼ねたゴルフでは、片手シングルとして多くの経済人・著名人とも交流を持つ。

2018年より、スポーツの発展と選手のサポートを目指して(株)アドバンススポーツマネジメントを設立し、代表取締役に就任。アスリートのアセットマネジメントやエージェント、セカンドキャリアの支援、起業への経営コンサルティングなどを手掛けている。

また、弁護士以外にも、税理士・行政書士・社会保険労務士・弁理士の資格も併せ持つ法律のエキスパートでもある。

たとえば、招聘した海外選手の在留資格の取得、選手の資産形成、チームの保険労務手続、ロゴの商標登録、選手の肖像権管理など、スポーツ事業に必要なサービスをワンストップで提供することが可能。

ライムズスポーツコンサルティングにおいてもTEAM SHOE HURRY!を法律面全般でサポートしていく。

弁護士法人アドバンス 代表弁護士
(株)アドバンススポーツマネジメント 代表取締役
日本プロ野球選手会公認代理人
日本サッカー協会(JFA)登録仲介人
スポーツ法政策研究会会員